歯科業務標準化機構とは

一般社団法人 歯科業務標準化機構は北海道から沖縄までの全国の成功している歯科医院の院長を中心とする歯科ネットワークです。それぞれの歯科医院の成功の秘訣をネットワーク参加歯科医院に公開し、個別歯科医院では解決出来ない課題をグループの組織力で解決していくネットワークです。
歯科医師研修の標準化による研修制度の確立、歯科衛生士、スタッフの能力アップと待遇改善など、歯科業界全般のよりよい人材の確保と養成に取り組んでいます。歯科は様々な問題を抱え、新たな課題にも直面します。全ての問題や課題に歯科業界の先生方で取り組み、解決するには限界があります。そこで、歯科以外の会計士、行政書士、コンサルタント等の専門家にも参加して頂き、問題解決に取り組んでいます。

年度ごとに年間テーマを設定し、具体的な課題に取り組んでいます。

主要テーマは“頑張る歯科医院が歯科業界を元気にする”
私立歯科大学の定員割れ、歯科大学、歯学部自体の存続危機、歯科衛生士学校の閉校、歯科医師のワーキングプアー等、現状の歯科業界は暗い話が充満しいています。 しかし、現役で頑張っている歯科医院の院長、先生方は歯科業界の将来に暗い見通しは持っていません。歯科の仕事はやり方次第でいくらでも伸びるし、働きがいのある素晴らしい仕事と言われています。
歯科の仕事のすばらしさ、業界の明るい展望、頑張ればいくらでもチャンスがあることを頑張っている歯科医師自らが歯科業界のこれからを担う後継者に伝える必要があります。そこで、頑張っている歯科医院の有志の先生たちが、歯科後継者、これから歯科で働く方々に夢と情報を提供し、交流の機会を作ります。

目的

成功している歯科医院の成功の秘訣をネットワーク参加  歯科医院に公開。
○歯科スタッフ全般の能力向上と待遇改善による人材確保。
○歯科資格のない方も歯科業界で働きやすい環境と具体的な努力課題を作り、優秀な人材確保と待遇改善。
○人材確保、養成を個別歯科医院からグループで取り組み、人材に関する歯科医院の負担を軽減する。
○スタッフの定着率を高くし、歯科医院のチームワーク診療を推進する。

業務内容

○歯科業務(治療・診療・衛生士業務を包括する)の標準化研究と実践
○医院スタッフ全般の能力向上と待遇改善、そのための講習会、能力検定、表彰
○院長、歯科スタッフに対する講習会・研修会の開催
○歯科事業継承コンサルティング、歯科開業支援(新規・居抜き物件)
○歯科連携、歯科医科連携、共済制度で地域ネットワークをサポート
○一般の方へセミナー(健常者・潜在患者・歯科業界で働きたい人の発掘)

理事

近藤歯科医院の近藤公一郎先生が代表理事、その他の理事として安部逸世先生(医療法人I’s MEDICAL 安部歯科医院)、金﨑伸幸先生(医療法人仁和会カナザキ歯科)、東正也先生(医療法人ひがし歯科医院)、佐々木義幸(NPO法人歯科診療所評価機構)が就任し、全国の有志の先生方の参画により発足しました 。 
●近藤歯科医院(URL http://www.kondou-dc.com/
〒987-2216 宮城県栗原市築館伊豆1-3-20  電話:0228-22-4182
●医療法人 I's MEDICAL 安部歯科医院(URL http://abedc.jp/
〒578-0963 東大阪市新庄2-8-13 電話:06-6744-4114
●医療法人仁和会カナザキ歯科(URL http://www.kanazaki.jp/
〒791-0245 愛媛県松山市南梅本町甲878-5  電話:089-970-4182
●医療法人 ひがし歯科医院(URL http://www.higashishika.com/
〒861-3102 熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1878-3  電話:096-367-0112

参加歯科医院はこちら

ホームへ戻る
ページの先頭へ戻る